Top   

Diary,game and drawing

by mada a.k.a. Johnny'XL


絵を描いたりデザインしたりゲームをしたり、mada(JXL)がちまちまやってるウェブログです。


Twitter Button from twitbuttons.com


    
mail to
Topics
以前の記事
リンク
タグ
ガジェット
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
CSの話   
c0166058_20535.jpg

画像は私のPOVの保存場所。
日付_自分の所属したチーム_vs_対戦相手_マップ名.demで保存しております。

そういえば最近CS、CSO関連で見てくれてる人が多いので続きに為になるのか分からないようなアドバイスのような駄文を書いてます。



AIMの練習方法みたいな事をたまに聞かれるんですが、AIMはある程度潜在的な物だと私は思います。
割と最近のCSプレイヤーとかは動きが駄目でもAIMだけはやたら良い人が多いので、スタート地点からAIMが良い人は良いんじゃないかな。
という元も子もない事を言ってもしょうがないので少し具体的な話をします。

AIMの練習方法と聞かれると私が思いつくのはBOT撃ちくらいです。
私はDMっていうのはAIM練習だとかそんなものではないと思うんです。
あれでも、それなりにAIMの向上には役に立つとは思いますが、結局DM的な立ち回りが上達するだけで得るものは少ないですね。
例えば、自分がもし「自分はまだまだnoobだ」と思うのであれば、DMではなく通常の野鯖へ行くべきです。
初心者ではまともな撃ち合いができず、殺され続け圧倒的に効率が悪いので初心者がDMに行くことに価値はないと思います。
私や、私の周りのプレイヤーもDMに練習に行くのではなく、試合前のウォームアップ。
手を温る、ぐらいの感覚で遊びに行ってます。
上手くなりたいのではなく、純粋にDMが好きなんだ!って言う人を除いた場合ですけど。

ではAIM力を向上させる何をすればいいのか?
AIM、と言っても色々ありますが、FPS(CS)に置いて撃ち合いが発生する場所というのは限られてきます。
例えばCTスタートのdust2のLongでは、エンカウントポイントとなるAトンネルから出たあたりですね。
その時々で、撃ち合う場所、敵の位置は複雑になりますが、根源にあるのは特定シチュエーションでの撃ち合いです。
ですから、大げさに言ってしまえば「そこからあそこの敵を倒すAIMの仕方」を覚えればいいだけなので、それをたくさん覚えて一つのマップになると思ってください。
そしてこれは実践でしかほとんど身につかないので、野鯖へ行きましょう。
CTだったらひたすらLongを守る。TだったらひたすらCATに攻める。
とかそういう遊び方を私はしてました。
そうやって繰り返して行くうちに、出てきた相手の頭の高さや、待ってる相手の頭の高さ、タイミングとかを覚えて、撃ち合いに勝てるようになり、そして次のシチュエーションを覚える機会につながります。

あとおすすめなのは、3DというチームのAIMMAPですね。
私がdust2のAを守っていたときは3d_aim_dust2のCT側でひたすらAサイトを攻めて来るBOTを撃ってました。
BOTは足音をドカドカ立てて走ってきますのですぐにタイミングが予測できるようになります。
ある程度慣れてきたらCSのサウンドをオフにして無音でやって、目視でAIMするようにしていました。

まぁでも最初に言ったようにセンスで決まる部分もあるので、基礎的なAIMにプラスアルファとして上記の練習や経験などでいかにカバーしていくか、だと思います。
と言う感じでAIMは一日にして成らず!日々の積み重ねですね。

ついでに小話としてAIMの仕方。
例えばnoppoのあのAIMは「相手の次の動作を読むAIM」です。
Rappyはどちらかというと「相手の位置を予測して撃つ決め打ち気味のAIM」ですね、ただ彼にはこれに驚異的な反射神経が加わります。
Monohonは「AIMよりもテクニック重視」って感じなのでAIMが良いというよりは勝負の仕方が上手いという表現が適切。
SphereやWorldなんかは「相手の位置に強引に合わせていくAIM」。私もこういう反射型ですね。
反射型って表現しましたが、たぶんこれがベーシックな形で殆どの人がこうで、あとは各々のAIM精度。
こんな感じにAIMの仕方っていうのは人それぞれですので、RappyみたいなAIMになりたい!っていうのにはセンスが必要です。
だから、私は多くの人にRappyのdemoを見ても、あれはRappyにしか出来ない芸当だからあんまり参考にならないよ、と言います。
[PR]
by be4nd | 2010-04-23 02:54 | Diary
<< youtube test 2 拝啓 ScarDope様へ >>